ペットから移る病気

ペットから感染に無防備 厚労省研究班ネット調査

 動物が好きな私と反対に、私の祖母は生き物を飼うことが嫌いだった。二言目には「病気が移るよ!」と言って怒られた。祖母が人畜共通感染症について知識があったわけではないだろう。けれど、動物から人間に移る病気があることは知っていたのだ。
 けれど、今の時代はそんな私の子供時代とは全く対称的なようだ。かわいいペットから移る病気があるということを想像できないのかも知れない。ペットが可愛ければ、それから移る病気があることを知り、きちんと日頃から予防することが大切。ひとたび病気が移れば、人間もペットも両方不幸になるのだ。

オウム病:クラミジアという病原菌の仲間が起こす病気。セキセイインコ、オウムなど鳥類から移りうる。餌の口移しは厳禁。
トキソプラズマ症:ネコと接触したことのない妊婦さんは、この病原菌に対する抗体がなく、胎児が脳症になる危険性があるので要注意。
狂犬病、サルモネラ症、レプトスピラ、腎症候性出血熱etc。動物を飼う時は、こんな知識も予め入れておいてからにしませう。
[PR]
by fussyvet | 2005-04-18 12:40 | 動物
<< 役に立ちたい 教師を毒するもの >>