クローン猫についてのディベート

 New Scientist Breaking News - First cloned pet revives ethical debate

 以前の記事にも書いたけれども、ペットとしては世界初であるクローン猫がアメリカで生まれた。これについてのディベートの記事が上のサイトに掲載されている。それによると、やはり「毎年望まれないネコやイヌが何千匹も安楽死されているのに…。」と動物福祉団体は批判している。
 クローン猫を求めた飼い主は、死んでしまったペットを取り戻したくてクローン猫を作製してもらったようだけれども、母体内にいる時に経験する環境因子が遺伝子に影響を与えるのか、全く同一個体にはならないとある。また、クローン動物の健康面についても早老、肥満など問題がある。
 何よりも生命である人間が他の生命を作製することがいいのか、悪いのか。今、既に生まれて目の前に存在している他人、同僚、友人、家族、ひいては自分自身さえも傷付けてしまう愚かな生き物が更に多くの生命をこの世に送り出して、その先については知らんぷりでは無責任ではないか?科学者の社会的な責任は軽視されていないか?
[PR]
by fussyvet | 2005-03-03 11:27 | 動物
<< 人権侵害救済法って? 「畜産動物だから」 >>