迷い

 信頼を置かねばならぬはずの人への激しい不信感と私生活の変化から今後の人生について真剣に迷い悩んでいる心的要因に、身体の疲れやひどい流感が追い打ちを掛け、最近憂鬱気味である。掃除、洗濯、料理などの家事はできるし、趣味や好きなことへの興味は残っているので鬱ではないだろうと思う。が、“せねばならないこと”にやる気が起きない。逃げなのか、方向転換の好機なのか、あるいは単なる怠けなのか、何とも判断がつかず、ただ神に祈り、とりあえずいつも通りの生活を送る。が、心が晴れない。
 “せねばならない”…、少しまではこうではなかった。目的があってやっていることだったから、“せねばならない”と自分を追い込むことはなかった。近頃しばしば心に浮かぶ疑問、「これは私が本当にすべきことなのか?」私は投資の仕方を間違っていたのではないだろうか?
 こんな迷いの最中でも獣医の仕事に羨望のまなざしを向けている人たちの話や励ましをもらう。そんな時はやはり獣医を投げ出してはいけないのだろうと思う。けれど、今のままでいいのだろうかという疑問は拭いきれない。
 しばらく心を空にして考える時間が欲しい。こんな時はどうしようか?

1. 旅にでも出るか。→金がないし、そんな気分ではない。
2. 引き籠もってみるか。→そのまま出て来られなくなるかも。
3. しばらく自分が好きなことだけやってみるか。→周囲がなんと言おうが、これが一番いいのかも。
4. …

等々と考えていたが、ネコたちの顔を見たら少し元気になった。

<人間もそうだが、やはり私は動物のために働きたい>←つなひき→<獣医師だけが動物のためになるものではない>

 悩まぬ物になりたい。
[PR]
by fussyvet | 2005-01-11 18:00 | 動物
<< 苦悩 「ブランド詐欺」 >>