嫌いなの

黒木瞳さんが大人の女と称して意味ありげなフォトエッセーを出すそうです

 この方の30代前半の頃は、さりげなく一所懸命な感じで、きれいだけれどさらっとした感じで好きだった。だけど、ここ数年は嫌みな感じと高飛車な感じを受けて嫌いだった。ある時、それは決定的なものになった。
 去年だったか、バラエティ番組「笑っていいとも」の特大号で、フジテレビの新編成番組ごとにグループになってクイズをしていた。このお方は「白い巨塔」のチームの一員として出ていた。クイズの一つにその日の出場者の”普段着”を値段順に付けるゲームがあった。安そうな服はどんどん当てられ、最後の3つだったかにこの方の服とプリンセス引田のが残ったのだが、黒木さんは引田さんのを自分の服より下の値段と言い切った。結果的に当たりなのだが、悔しさに腹を立てた引田さんが、黒木さんの服をとても低い値段に見積もった瞬間、カメラが捕らえた黒木さんの顔は引田さんをものすごい勢いでにらみつけていた。
 まあ、ここまでなら、ただの嫌な女という評価で済んだのだが、更に続きがある。その黒木さんの普段着は200万円を超えるものだったのだが、子ヒツジの革製の上着がそれだけで100万円すると曰った。ここで、最悪に大嫌いになった。
「あなたの虚飾のために生まれてきた子ヒツジ。他の命の利用はもっと考えてくれ。高慢で嫌な馬○女。」

 今度出すフォトエッセーとやらも、不倫願望のある隠微な人妻をにおわせ、夫に恋はできないけど愛はある大人の女とか何とかいかにも意味深に売り出してるけど、夫婦の中にはね、信頼関係で結ばれ、かついつも恋してるような人たちもいる。あなたが”大人の女”の代表みたいですが、それは大きな勘違いだから。
[PR]
by fussyvet | 2004-12-09 12:45 | 動物
<< 乗った! Q&A >>