だから嫌いなのだ

その陰に…凄惨なペット繁殖場

動物を商品と扱うと必ず”弊害”がある。商品には必ず”不良品”や”余剰品”がつきもの。そしてそれは無知無計画な者が行った場合には最悪な結果を生み出す。

近頃、動物販売業に動物病院が併設されているのを見かける。そこに勤務する獣医師は、”商品”として売買される動物の命について、そしてその陰にある現実についてどういう認識を持っているのだろうか?いつも怒りと共に疑問に思っていることである。

命あるものを買ってくれるな。避妊去勢をしてくれ。これ以上、増やしてくれるな。
保健所で”余剰品””不良品”の処分を目の当たりにしてきた私の切実な願いである。
[PR]
by fussyvet | 2004-12-06 08:40 | 動物
<< ここにも動物実験 あっちとこっち >>