動物実験の法規制

 欧米など海外では動物実験も動物福祉や愛護に関連する法律の対象となり規制を受けている。実験施設の届出や行政による査察受け入れ、民間人と獣医師を含む倫理委員会の設置、動物受け入れと使用記録の管理と行政への提出、実験で動物を扱う者の資格制と講習会受講の義務などである。日本の動物の愛護及び管理に関する法律では、畜産動物と共に実験動物は対象外となっている。このことは海外とのえらい違いになる。
 まもなく、同法が改正される予定であり、それに向けて実験動物についても各種話し合いが持たれている。私は動物実験についても海外と同等の規制は必要だと思う。科学論文に投稿する際のデータの信頼性から見れば、研究者にとってもその方が返って良いと思う。管理の行き届いていない動物からどうして正確な実験データが得られようか?また、日本は嘗められている。海外から「日本は動物実験の規制がないからやりやすい。」と言って、自国では規制により行えない実験を日本に来てやる外国人もいると聞く。逆に、海外へ留学しようとする日本人が、その国で必要な実験者としての資格を持っていないため、留学しても実験に直接携われないという事態も起きる。自分たちが国際的に同等の研究者たろうとするならば、自身が正当な実験研究者である証を担保するために国内にも確固たる法規制が必要なのだ。
 一般の人たちが現在の野放し動物実験について疑問を持ち、署名活動を行っている。私は彼らにとって敵かも知れない。しかし、応援したいと思う。お心ある人は是非協力をしてあげて欲しいと思う。法改正までもう時間がない。
動物実験の法制度改善を求めるネットワーク
[PR]
by fussyvet | 2004-11-29 15:31 | 動物
<< 代替法 美容院 >>