実験

自分が実験をする前は、ちょっとした鬱に襲われる。
私は動物実験をしている。
研究の一環として動物の麻酔や鎮痛について調べるためだ。
数居る中から一匹を自分自身の手で選んで使う。
神でもない私が「選ばれた」動物の運命をその日と決定するのだ。
その瞬間が一番嫌だ。

実験を行う前日や朝はものすごいエネルギーを要する。
計画は本当にこれでいいか?
葛藤を乗り越えるほど自信がなく、テンションも高まらなければ、その日はやらない。
今日も実験の次の段階をやるつもりだったのだが、時間が押して、集中力が高まらなかったので延期することにした。
そんな状態で新しいことに手を付けるべきではない。
反面、少しホッとしている。
でも、延期しただけで明日かまたいつかはやらなくてはならない。
実験は今、一番心が疲れることである。
そんな時は男に逃げたくもなる。
だれかお金持ちを掴まえて、この世界から足を洗いたくもなる。
でも、いつまででも逃げていられない。
私は逃げれば救われるが、いずれ誰かがやることなのだ。
感情なんて自分だけの持ち物。
それに振り回されないように心を落ち着けて、きちんと計画してやらなくては、使われる動物が何のために犠牲になったのか分からない。

実験がうまくいった時は、憂鬱と緊張というストレスから解放されてホッとするし、嬉しい。
そんなストレスを感じずに精神的に要領よくやる人もいるんだろう。
感情に振り回されず、割り切れる人。
羨ましいとも思うが、それをできるようになってしまうと私ではなくなるような気がする。
大切な何かを忘れてしまうような気もする。
だから、辛いけれど、私自身がやらなくてはいけないんだ。
その辛さに耐えられなくなったら、神様に許しを請うて楽になりたい。
[PR]
by fussyvet | 2004-11-05 16:53 | 動物
<< 人を傷付けることが分からない人 「戦場のピアニスト」 >>