Twitter上で行政へ「声」を届けることを求める動きについて

 3.11の震災後、特に福島第一原発の半径20 km圏内の警戒区域への切り替えが決まった直後から、動物愛護運動活動家によってTwitter上で国・地方の行政機関などへ「声を届けてください」の呼びかけが盛んになり、あっという間に広まっていった。その結果、環境省などにはメール3,000通が送信され、ファックスは山積み、そして電話は鳴りっぱなしになった。

 通常、国、地方問わず、行政機関の担当者は数人。呼びかけに応えた複数人が電話をかければ、それだけで担当者の手は塞がってしまう。その間に、来客があっても、特に福島県の機関へ住民が訪れたとしても、その人たちは電話のために応対してもらえなくなってしまう。動物愛護の活動家によって行政機関がマヒしてしまうのだ。経験を積んだ団体などは、まとめて然るべきところへ要望書を提出しているから、そのような呼びかけをする人は概して個人であることが多い。

 どうして、特定の機関をマヒさせるような行動をとるのか、私には全く理解できない。たくさんの声が届けられれば、「行政」が動くと思っているみたいだけど、それは全く見当違いである。行政は「法律に従って」、粛々と業務を全うするのみである。該当する法律もないのに、「たくさんのご要望にお応えして…」とは絶対にならない。国権の最高機関は国会。地方であれば地方議会。そこで法律を作ってもらわねばならない。そのためには力のある議員に声をかけるしかない。

 福島県が20 kmの愛玩動物の保護に入るらしいが、その決定は多くの個人がかけた電話の結果ではない。組織だって行われた要望書、協議の結果である。個人の声で地方行政が、はたまた国が変わるなら、こんな簡単な世界はない。

 私が最も腹立たしく感じるのは、そのような活動家の無分別な行動で、「動物愛護」に違和感や嫌悪感を感じる人を増やすだけだと思う故からだ。古くから活動している人たちは、なぜに同じことを繰り返すのか。もういい加減、気づいてほしい。

※本ブログはリンクフリーですが、本ブログ内の文章の転載については、リンク等により記載元としてこちらが分かるようにし、かつ、同一文章を修正または一部抜粋することなく全文を記載してください。同一日付内文章の無断での一部抜粋および加工転載は一切お断りします。
 管理人は仕事、育児および家事にと綱渡り生活を送っております。申し訳ありませんが、いただいたコメントおよびメールについて、個別に返信することができません。ご了承ください。
[PR]
by fussyvet | 2011-04-28 13:53 | 動物
<< 食事とは、もともと食べられない... 合成洗剤なら動物データを利用し... >>