合成洗剤なら動物データを利用しているはずで…

同時期にニッサン石鹸へ動物実験の問い合わせをされた方がいらっしゃいます。こちらによれば、ファーファブランドはユニリーバとライセンス契約を結んで、継続的にユニリーバへ契約料を支払っているという回答がニッサン石鹸から返ってきたということでした。ネットで検索すると、もともとファーファブランドはユニリーバが発売したもので、それをニッサン石鹸が譲受したようです。ユニリーバが動物実験をしていないという話は聞いたことがありませんから、ニッサン石鹸の一部の商品については、動物実験を行って開発された商品を譲り受けて売っていることになります。

もともと合成洗剤は開発過程で動物実験を行っているはずですから、当然といえば、当然の結果なわけで…。本当に動物データを基にしていない洗浄剤は、やっぱり純石鹸ぐらいじゃないでしょうか。

他社の動物実験を行って開発した物質を使って販売していれば、「動物実験をしていないメーカー」と勧められ、自社で実験を行っている企業は不買運動の対象にされるという構図はとても不公平ですよね。動物実験を行っているメーカーは動物実験代替法の開発に資金を出したり、自社で研究を行ったりしていますが、もし、これらの試験法が動物実験代替法として認められた場合、現在「動物実験をしていない」と称賛されているメーカーも製品開発の段階で利用するのではないでしょうか。これはやはり、「動物実験をしているメーカー」として非難されている企業にとっては、不公平感を伴うものではないかな。

合成洗剤を買うのであれば、動物実験をしているかいないかにこだわる必要はないと感じています。どこの製品も直接的であれ、間接的であれ、動物データを利用しているはずですから。Veganでありたいなら、純植物性純石鹸を選ぶしかないのだろうと思います。

※本ブログはリンクフリーですが、本ブログ内の文章の転載については、リンク等により記載元としてこちらが分かるようにし、かつ、同一文章を修正または一部抜粋することなく全文を記載してください。同一日付内文章の無断での一部抜粋および加工転載は一切お断りします。
 管理人は仕事、育児および家事にと綱渡り生活を送っております。申し訳ありませんが、いただいたコメントおよびメールについて、個別に返信することができません。ご了承ください。
[PR]
by fussyvet | 2011-04-14 11:31 | 動物
<< Twitter上で行政へ「声」... 企業側も動物実験の問い合わせに... >>