弱肉強食

今、本当に一番の心配事。妹のこと。
繊細で、のんびりした性格は、今の社会では不釣り合いだ。
大学を出てずっと、家で絵を描いていた。
画家として食べていくということを夢見て…。

そんな夢も捨て、「普通の生活がしたい。」と家を出た。
派遣会社に登録し、今2ケ所目の現場で働いている。
前のところは、年上の女性の虐めの対象となって、今のところに移った。
今のところは、スピードが要求される。
「のんびり」で決してスピーディでない妹の後ろでは、ストップウォッチを持った人が”監視”をしているとのこと。
本人は、「目を付けられた。」と思っている。
強い人なら、「ほっとけ!」と奮起することもできるのだろうが、今の彼女にはそれができない。
弱肉強食の社会、本当に心配だ。

私も本当に嫌になる。自分自身、「早く死にたい。」と思うような人間であるから、妹すら救うことができない。とにかく見守り、神に祈るしかない。彼女が死んでしまったら、私も第二の地獄が始まる。

遅い者、弱い者はいいように使われ、必要がなければ切り捨てられる社会。そんな要らぬ者ならば、早くいなくなりたいと思うだろう。今も指導教官の抑圧的で人を丁稚のように都合良く使おうとしか考えていない態度に腸が煮えくりかえり、その後、どうしようもなく虚脱した。

人は人をどうしたいのだろうか?
[PR]
by fussyvet | 2004-09-28 09:58 | 家族
<< どちらかと言うと死刑廃止に賛成... 国民一人当たりの借金を減らす方法 >>